平成19年度の年金制度の変更点

老齢厚生年金の全額または一部の額が支給停止

  年金の壷「法律を知らない人は損をして当たり前!?」そんなことにならないために損をしない「ツボ」を押さえましょう!
公的年金制度(国民年金・厚生年金・共済年金・他)の基礎知識提供と健康で豊かな暮らしを考えるサイトです
当ホームペイジはヤフー株式会社の審査を得てYahoo! JAPANに登録されました。
トップ > ビジネスと経済 > 金融と投資 > ファイナンシャルプランニング > 退職金、年金
          HOME平成19年度の年金制度の変更点について>70歳以上の方も、会社にお勤めの場合には、老齢厚生年金の全額または一部の額が支給停止となる場合

    ▼70歳以上の方も、会社にお勤めの場合には、老齢厚生年金の全額または一部の額が支給停止となる場合があります。

70歳以上の方も、厚生年金の適用事業所にお勤めの場合、老齢厚生年金と賃金の合計額が48万円を上回るときは、老齢厚生年金の全額または一部の額が支給停止となります。ただし、昭和12年4月1日以前生まれの方は、対象となりません。

老齢厚生年金の基本月額(※1)+賃金(総報酬月額相当額(※2))の合計額が48万円を超えていますか。
はい いいえ
老齢厚生年金の全部または一部が
支給停止
老齢厚生年金は全額支給
やじるし
支給停止後の年金支給月額=基本月額−(基本月額+総報酬月額相当額−48万円)÷2

※1 基本月額:加給年金額を除いた老齢厚生年金(報酬比例部分の)月額
※2 総報酬月額相当額:(その月の標準報酬月額相当額)+(その月以前1年間の標準賞与額相当額(その月以前1年間のボーナス))÷12

≪例≫基本月額が8万円、総報酬月額相当額が42万円のときは、1万円の老齢厚生年金が支給停止となり、年金支給月額は7万円となります。
8万円−(8万円+42万円−48万円)÷2=7万円

【手続】
○事業主から次の手続をしていただきますので、御本人からの手続は不要です。

○平成19年4月1日以降、次の要件に該当する方を、引き続き雇用している事業主、または新たに雇用した事業主は、その従業員に係る雇用、退職または賃金等の額に関する届書を、社会保険事務所へご提出ください。

  • 70歳以上の方(昭和12年4月1日以前生まれの方を除きます。)
  • 厚生年金の適用事業所に常時(勤務日数および勤務時間が一般の従業員のおおむね4分の3以上)お勤めの方
  • 過去に厚生年金保険の加入期間を有する方(老齢厚生年金を受給しているかを問いません。)
【お知らせ】僕の嫁ッ子・親友が実践した悩み解決ノウハウのレビューです。困ったときの参考になれば幸いです。(管理人:奥)
生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法 レビュー
大きくなったら二度と戻ることがない豊胸・バストアップ法 レビュー
しつこい水虫も綺麗に無くなってしまう『ウルトラ水虫バスター』 レビュー
「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」 レビュー
お部屋探しが100倍楽しくなる!!賃貸完全マニュアル レビュー
「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」 レビュー
お金持ちになる99の方法
投資を成功させる99の知恵
恋愛を成就させる99の方法
ギャンブルで稼ぐ99の方法
インターネットで稼ぐ方法について
他のお奨めの稼げるノウハウを見てみるならここをクリック    購入者の特典案内&入手方法
 Copyright (C)  年金の壷−国民年金・厚生年金等のツボを押さえる− all rights reserved
 内容に関しては万全を期しておりますが、保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。あらかじめご了承願います。リンク集